[Infinity Lithium Reverse]

  • ホーム
  • 多摩美術大学
  • 3年生
  • メディアアート Ⅱ

デバイス

確定できない

電球型蛍光灯を自立させたデバイス作品

市販の電球型蛍光灯を分解し、中身を自作のデバイスに入れ替え
電球型蛍光灯に動きを与えた。
4つの電球色 LED、サーボモータ、静電容量型接近センサ、
CPU が組み込まれており、何もないときには呼吸しているように
電球が光を発する。人間の手が近づくと静電容量接近センサが反応し、
強く光を発しながら電球が転げ回る。

光を鑑賞する作品を主に作って来たが、そのとき「制作者」=「鑑賞者」の
立場に立って作品を制作している。この作品では「制作者」=「被鑑賞者」であり
自分が光の立場に立って制作してみることにした。

スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04]

j46059:~ administrator$ int main(){printf("hello world"); return 0;}