[Infinity Lithium Reverse]

  • ホーム
  • 多摩美術大学
  • 2年生
  • メディア芸術 W.S.

メディア芸術

化学ルミネセンスを用いたケミカルアート作品

LED や電球などを用いずに、より自然でアナログな光を求めて
化学ルミネセンスを用いた作品を考えた。

発光物質にはルミノールを用いているが、インタラクティブに
するためにルミノールの発光を電気で制御している。
作品に近づくに従って発光の間隔が短くなり、遠のくと間隔が長くなる。
光が呼吸しているかのような表現を目指している。

ルミノールの発する光は夜光虫の発する光と似ている。
子供の頃はそのような光に夢中になってずっと眺めていたりする。
大人になるにしたがってただ夢中に光を見ることは少なくなる。
そもそも見る機会がなかったり、発光の仕組みを考えたり雑念が多い。
純粋に光を鑑賞するにはどうしたらよいかということを
考えてこの作品を思いついた。

現時点では原理的な面や作り込みの面で満足のいく状態にはなっていない。
今後、改良してゆきたいと思っている。

スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04] [05]

転換点

光と音によるデバイス空間アート作品

真っ暗な部屋の天井に32個の LED と8つの焦電センサ、
1つの可動式パラメトリックスピーカーが取り付けられている。
鑑賞者が動くと、パラメトリックスピーカーが鑑賞者を追尾し不快なノイズ音を発生させる。
鑑賞者が静止ししばらく時間が経つと、ノイズ音は静かになってゆき
LED が星空のようにきらめきだす。

山奥の自然の中で真夜中に独りたっていると、かすかな風や川の音さえも
不気味に聞こえてくることがある。しかし、ふと夜空を見上げたときに星が輝いていると
不気味な音のことを忘れ星の輝きに見入ることがある。
この聴覚と視覚の意識の転換する瞬間を表現した。

LED は最大64個まで拡張することができる。

スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04] [05]
[06] [07] [08]

2009 年 07 月  多摩美術大学オープンキャンパスにて展示

j46059:~ administrator$ int main(){printf("hello world"); return 0;}