[Infinity Lithium Reverse]

平面

習作 A

野菜の色素で染めた紙を配置した作品

巨峰、茄子、紫キャベツの色素を紙に吹き付け配置した作品。
赤色と緑色はクエン酸と重曹を色素に反応させることで作り出している。

日光に色素が曝されると色が変化してゆく。
また、紙は壁にマスキングテープで止めてあるだけなので
時間の経過とともにはがれ落ちる。
作品の移り変わりを記録してゆく。

スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04] [05]

message

野菜の色素を使って描いた抽象画作品

巨峰、茄子、紫キャベツの色素を抽出し絵の具として描いた作品。
赤色と緑色はクエン酸と重曹を色素に反応させることで作り出している。
ドットの並びはあるメッセージを暗号化した。

野菜の色素は年月を経ることに色あせるが、完全に消えてなくなることはない。
このメッセージも年月がたてば色あせるかもしれないが消えることはない。

スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04] [05]

2009 年 11 月  多摩美術大学芸術祭にて展示

j46059:~ administrator$ int main(){printf("hello world"); return 0;}