[Infinity Lithium Reverse]

デバイス

Communication Cube v2

Communication Cube v1 β の改良型

多摩美のメディア芸術 2009 に出品するために
6面を支えるフレーム部分を作り直した。

2mm 厚の L 字アルミフレームを加工し、金属用の黒染め剤を塗布した。
配線もなるべく奇麗に収容できるように工夫した。

ムービー
[00] [01]
スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04] [05]

2009 年 11 月  多摩美のメディア芸術 2009(六本木 AXIS ギャラリー)にて展示

Communication Cube v1 β

6面に配置された LED 付プッシュボタンを操作して遊ぶ作品

立方体の6面に配置された赤色 LED 付プッシュボタンを操作して
光と音の組み合わせを鑑賞する。

現在のバージョンでは試作段階として全面ライフゲームが実装されている。
プッシュボタンの入力に従ってライフゲームのセルが誕生し、
その後自動的に計算された結果が LED によって表示される。
プッシュボタンを押すことでリアルタイムに新しいセルを誕生させることができる。

音を鳴らすための圧電スピーカが組み込まれているので
プログラミング次第では音を鳴らすこともできるようになる。

ムービー
[00] [01] [02]
スナップショット
[00] [01] [02]
[03] [04] [05]

2009 年 05 月  Make: Tokyo Meeting 03 にて展示

2008 年 11 月  Make: Tokyo Meeting 02 にて仮展示

内部スナップショット
[06] [07] [08]

j46059:~ administrator$ int main(){printf("hello world"); return 0;}